マンガ, 日常

鎌倉ものがたりが・・・実写だと?

このポストは文字数 約:821文字、約 2分で読めます。

鎌倉ものがたりは、うちの親が好きで昔から買ってるんで私も読んでるんですが
34巻買ってまいりまして(親が)
まだ中は読んでないんですけど

帯みたら「実写化」とw

チョット前に、実写化するって話はチラっと小耳に挟んではいましたが。

予告ムービー(YouTube)

公式サイト

http://kamakura-movie.jp/

http://kamakura-movie.jp/

個人的な感想です

・・・イメージと違う。
小説やマンガの実写化の難しいところって、
読者が持ってるイメージとすり合わせられるか否か
世界観を壊さないかどうか
だとは思いますが。

つっても、主人公の2人とか私もどの人がいいといわれたら、全く思いつかないですけどw
あと、先生はもうちょっと優男?(実は剣道有段者で強いけど)なイメージがあって
例えば叫んでてもちょっと抜けてそうなかんじだし、怒ってても静かに怒る
堺雅人さんは良い俳優さんだとは思いますが、何か違うんだよな。
後年齢・・・・これはしかたないか、若いのにおっさんくさいって設定だからなかなかしっくり合う人いなさそうだし。
(確か原作は34~5歳とかそのあたりだったかと)

亜紀子さん役の高畑 充希さんは、声は結構イメージピッタリです。
顔もかわいいけど、声かわいいw(盛大に自分の好みが入っているだけともいう)
「20代なのに小・中学生に見える人」なんてまあ、ほぼムリでしょうから妥当かもしれません。

ま、実際映画を見れば、これはこれでアリなんだろうなってことはあるかもです。
ストーリーも予告見るカンジだと、オリジナルっぽいですし。

マンガの実写多いよね

昔からこんなに多かったでしたっけ・・・。
そして、こういっては失礼ですけどコケまくってるイメージしかないという。
でもまさか、鎌倉ものがたりが実写化するとは思いもしませんでしたがw

この記事が気に入ったら
シェアしてね

Twitter で