Image createrのウォーターマーク消えてるんだが?&Microsoft Designerがちょっと便利

↻更新日2024/01/20 #, #

このポストは文字数 約:3357文字、約 6分で読めます。

Image creater

世間では、もっぱら有料のCopilotの話題で持ち切りですがそっちはあんまり興味ない内容説明できる程詳しくないのでノータッチ。
ところで3日のブログに、Image creatorで作成したヤツがコレクションに入れられる~て書いたんですがコレ結構最近だったみたいですね。
それと同時に実装なのかどうか知りませんが、プレビュー画面では依然として表示されているんですがダウンロードした画像に以前は入っていたウォーターマークが無い!
ガチで、消すような編集はしてません、つかDLすりゃ無いのが確認できますが・・・。


※見本一覧にあった画像です

マークが消えたて事は・・・?

商用とか、そういうトコどうなってんだろ・・・と思いまして。

そして以前はページの下部のよくある質問にあった「商用はNG個人利用だけ」という項目が見当たらない。
(確か以前はあったはず・・・です)
詳細情報のリンクを押しても、同じ内容が表示されるだけ。

商用利用に関する不明瞭なガイドライン

仕方ないので、色々とリンクをたどっていくと・・・

Copilot AI Experiences利用規約
https://www.bing.com/new/termsofuse?setlang=ja&toWww=1&redig=8A486A5C20B44D31928C033C624BA3E8
―以前は確かここの項目の7に、商用NGって書いてあったはずなんですが、きれいさっぱりありません。

Image Creator from Designer の使用条件
https://www.bing.com/new/termsofuseimagecreator
―それらしい項目見当たらず。

Designer の Image Creator
https://www.microsoft.com/ja-jp/edge/features/image-creator?form=MA13FJ
―以下同文

Microsoft Bing の Image Creator の使用に関するコンテンツ ポリシー
https://www.bing.com/images/create/contentpolicy?FORM=GEN2CP
―以下

Microsoft サービス規約
https://www.microsoft.com/ja-jp/servicesagreement
―以・・・

あちこち情報を分散させすぎだろふっざけんなwww

良いも悪いも記載が無く、これだけでは何も決定的なものが無いんですよね。
調べ方が悪いのかもですけど、検索してもちょっと古い情報(商用NGが載ってた頃の)しか出てこないんですよね。

と思ってたらフォーラムで下記を発見。

自分と同じように、急に商用に言及したとこ消えてね?て疑問持った人からの質問。

Image Creator from Designer: Terms of Use and commercial use
https://answers.microsoft.com/en-us/bing/forum/all/image-creator-from-designer-terms-of-use-and/4e7d2294-2344-420d-a6dc-8ecae3d72d5c

回答内で、利用規約に関して引用した後
利用規約の日本語の該当部分↓

5.コンテンツの所有権。マイクロソフトは、
~~~~~~~~
中略
~~~~~~~~
お客様は、コンテンツを提供、投稿、アップロード、入力、または送信するために必要なすべての権利を含むがこれに限定されない、本規約に記載されているコンテンツに対するすべての権利を所有または管理していることを保証し、表明します。

Regarding the commercial use how will you ensure this? Personal usage does not require this since there will be no intellectual property theft issue.

機械翻訳:商用利用の際には、どのようにこれ(権利の所有または管理が企業である)を保証するのですか?
個人的な使用については、知的財産の盗用という問題がないためその必要(権利を所有または管理の主張)はありません。

というわけでこの回答者の認識としては商用利用はNGなのだと思います。
この段は普通に流し読みしてた・・というか
ページ内を商用とか商業とか非営利とかで検索かけていたせいで見てなかったので
なるほど、そういう考えもあるのか・・・という感じでしたが、
日本語でも英語でも明確に書かれていないので、どっちの意味でも取れちゃう気が。
自分の読解力がおかしくて、どうみても商用NGだろ?だったらすいませんw

ということで、公式の回答ではないため、自分的には結局不明のまま。
問い合わせすんのが一番いいんでしょうけど、ヘビーユーザーでもないのにそこまでするのめんd・・・w
当初は商用NGとなっていたので、確実に判明するまでは個人で楽しむのに留めておくのが良いと思います。

とりあえず確実な事わかったらだれかおせーてほしい・・・w
こういうのって、あえて引っ掛けるつもりが無いなら誰でも解るように書かないと意味ねえと思うし、未だ商用NGなら何で最初に書いてあったの消したんだろ?という疑問も。

Image creator
https://www.bing.com/images/create

Microsoft Designer

ちなみにMicrosoft Designerは商用NGがしっかり明記されています。
https://designer.microsoft.com/FAQ.pdf


Microsoft DesignerはCanvaやAdobe Expressみたいに、デザインの作成や編集が可能なツールです。

ログイン後、https://designer.microsoft.com/ではなく
https://designer.microsoft.com/homeに行くと、上記の画面になります。

画像生成

一覧からイメージに近い画像をクリックすると、プロンプトが編集できるのですが

文章全体ではなく、アイテムなどだけが編集可能。

edit entire~という所を押すと全体が編集可能になります。
(全部網羅してるわけじゃないんで、他のサービスでも似たような事できたらすんませんw)

元の部分から一部だけ変更したもの


元の画像でだいたいの感じがつかめるので、全体をいきなり編集するよりかなりやりやすいのではないかなと思います。
なので、ぼや~~っとイメージはあるけどこのプロンプトで狙ったもの出せるかな?とトライアンドエラーするよりは、
あらかじめ大枠が決められている状態から考えていきたいときにちょうどいい感じです。

Brand kit creator

便利ツールその2
商用は禁止なので、生成物はイメージのたたき台程度にしか使用できませんが
キーワードや説明から色の組み合わせを考えてくれるのが便利すぎてw
(さすがに色の組み合わせに著作権だの言われることはないだろう・・・たぶん・・・)

ブランド名と、イメージを入力して少し待つと

入力された情報を元にしたカラーパレットと、ロゴが生成されます。
気に入った組み合わせを選択すると

左側にロゴやフォント色のカラーパレット、右側にブランドカードやダウンロードや保存ボタンが表示されます。
ダウンロードファイルは、ロゴ、ブランドカード、全部から選択できます。

Microsoft Designer
https://designer.microsoft.com/home
Copilotの有料プランも出たしコレも将来的に有料プランの場合には商用可能になるかもですね。

丁度書きながらライブ聞いてたんですが、SLIMの月着陸、まじでおめでたい話題!
着陸したから終了じゃなくて、太陽電池のコトとかまだこの先も色々とやることや課題があると思うので、
手放しでお祝いムードではないのかもしれませんが、小さいけど大きな一歩ですがひとまず良かったってかんじですね。

この記事が気に入ったら
シェアしてね

Twitter で