日常・グチ

あけましておめでとうございます

「門松は冥土の旅への一里塚 めでたくもありめでたくもなし」 とは一休宗純が杖の先に骸骨を付けて詠んだとされる、有名な句ですね。 正月が来て、無事に1つ年を取ってめでたい反面、1つ年を取るごとに冥土(寿命)へと近づくのでめでたくもないよねーという。 こんなとこにいちいち書く必要もないですが、一里塚は昔の道路標識みたいなものですね。(現代で言う●●まであと●キロみたいな)

Read more